サイトへ戻る

【推薦図書】つい学びたくなる・やりたくなる教材づくりのために

· コラム

こんにちは。「教材の力」で人材育成の課題を解決する教材戦略ラボの矢澤です。

私は普段、教育サービスを展開される事業者様向けに、教育プログラムの構築、メソッドの体系化、カリキュラム設計、テキスト・ワークブック・マニュアル等の制作のお手伝いをさせていただいています。

 

そのため、「どんな教材があったら、その人材育成の課題は解決されるのか?」という視点で、日々「より良い教材づくり」を研究をしているのですが、今日はその中で出会った「珠玉の一冊」を紹介させていただきます。

「つい学びたくなる・やりたくなる教材」ってどんな教材だろう?

「やったほうがいい」のは分かっているけれど、「なかなかできない・続かない」のが人間というもの。

それは「学びの場」においても同様で、受講生に素晴らしい教材(内容的に優れた教材)を提供したとしても、主催者の意図通りに使ってもらえるものばかりではありません。
そんな課題を改善・解決するために、教材設計上、できる工夫はたくさんあります。

その視点の1つ、大きな示唆を与えてくれるのがこちらの本。

『仕掛学』〜人を動かすアイデアの作り方〜 松村真宏著/東洋経済新報社

https://www.amazon.co.jp/dp/4492233733

【仕掛学(しかけがく)】とは

英語では 「Shikakeology(シカケオロジー)」と言うそうです。

  • 「無理やり行動を変えさせる」のではなく、「ついしたくなるように仕向ける」

  • 「やらないといけない」を、「やってみたい」に変換する

そのためのアプローチを追求する学問です。

決して強制することはせず、人間らしい「こころの動き」にフォーカスして、ちょっとした「思いやり」によって成立させる。
とても優しくて温かい学問だなぁと感じます。

教材づくりに転用すると

例えば教材設計をする際、こんな「人の心理」に着目してみることができます。

  • 文中に(    )があったら、その中を埋めたくなる

  • ワークシートに記入するための「枠」があったら、そこに回答を書きたくなる

  • 「→」があれば、その右側にあるだろう「重要なもの」を探そうとする

  • 「1、2、3」と番号が振ってあれば、次に「4」を探そうとする

こんな人間らしい「こころの動き」を、教材づくりに上手に活用するのです。

たったこれだけのことでも、その教材は「つい学びたくなる・やりたくなる教材」に確実に近づきます。

教材の設計・制作においても、こんな「仕掛学」の優しい眼差しを取り入れたいものです。

ご興味ある方はぜひ読んでみてください。

文責:矢澤典子(所長)

INFORMATION|個別相談会

教材戦略ラボでは、あなたがお持ちの「オリジナルメソッドやノウハウ」を【体系化&教材化】するお手伝いをしています。

個別具体のご状況・ご要望をもとに、あなたのビジネスに必要な「教材のあり方・姿・形」とともに、その取り組み方をご提案します。

ご興味のある方は、個別相談会をご利用ください。

詳細・お申込みは >>

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK