サイトへ戻る

オリジナルメソッドを教材化するときに直面する3つの壁 〜その①:客体化〜

· コラム

自分が開発したオリジナルメソッドや理論を教材化したい方へ

こんにちは。「教材の力」で学びの場の課題を解決する教材戦略ラボの矢澤です。
私は普段、「学びの場」を主催するセミナー講師やインストラクターの方向けに、教材(主にはテキストやワークブックなどの冊子型教材)の制作プロデュースをしています。

クライアントさんのほとんどは、「自分オリジナルのメソッドや理論を教育コンテンツ化&教材化したい人」。

「あらかじめ体系化された教育コンテンツを教える人」ではなく

  • 自分が開発した独自のメソッドや理論をテキスト化して、講座を開催したい

  • 自分の人生経験を通して得たノウハウを1冊にまとめて、誰かに手渡したい

という方たちです。

すでに何らかの形で「学びの場」を主催していたり、自分で作った教材を使っているクライアントさんがいる一方で、まったくのゼロから「学びの場」を立ち上げたり「教える仕事」に挑戦される方もいます。

そこで、その思いを形にするべくプロジェクトを立ち上げて、クライアントさんと私たち(教材戦略ラボのメンバー)による二人三脚で教材制作を進めていくのですが、その現場はなかなか大変で、難儀を極めることも少なくありません。


クライアントさんの多くは、「文章が書けない」という課題意識をお持ちなのですが、実はそれ以外(以前)にも大きな壁が立ちはだかります。

そこで、教材制作に取り組むクライアントさんたちが直面される「3つの壁」について、今日から3回に分けてお届けします。

今後、教材制作(特にテキスト作り)に取り組む予定のある方の参考になれば嬉しいです。

第一の壁:客体化の壁

1つ目は「客体化の壁」です。客体化という言葉がぴんと来ない場合は、「外在化」という言葉がもつイメージと併せて捉えてみてください。

実はこの「客体化」がいちばん大きな壁になるケースが多いです。

ここでいう客体化とは、言葉を補足すると「教えるべきコンテンツの客体化」のこと。

冒頭でも書きましたが、クライアントさんのほとんどは「自分オリジナルのメソッドや理論を教育コンテンツ化&教材化したい人」です。

そこで問題になるのが、「教える人」にとって「教える内容」が客体化されていないという点です。つまり、「教える内容」と「教える人」が渾然一体となってしまっている、「教える内容」が自分の外側に分離できていない、外在化されていないということ。

そこで、「自分の中に教えるべきどんなことがあるのか」を見つけ出す客体化の作業が必要になります。

この壁に直面しているクライアントさんの状況はというと、とにかく「もどかしそう」。

客体化されていないものは、言語化自体が難しいので、コンテンツ一覧を洗い出そうにも、何を切り口に、どんな順番で、どんな言葉でアウトプットしたら良いかがわからない。

出せたと思っても次の瞬間にまた別のものが湧いてくる。特定の一部分は出てくるけれど、それ以外がまったく出てこない。
こんな感じで、行きつ戻りつ、一定期間足踏み状態になってしまう方も多いです。

この壁が「教材づくり」をしようとしたときに最初に直面するいちばん高くて分厚い壁です。

ではこの間、私たちがどうしているかというと、ひたすら壁打ち相手になります。

最初から「全体」を捉えることは難しいので、クライアントさんには断片的でも良いので1つずつ言葉にしてもらい、それに対して、「こうですか? ああですか?」「一般的な○○とは何が違うのですか?」「この解釈で合っていますか?」「○○についてはどう考えるのですか?」などと率直な反応を返しながら、クライアントさんの内省と言語化を見守ります。

 

これを繰り返すことで、次第に「何を教えるか」が自分から切り離され、客体化が進みます。


クライアントさんとしてはものすごくじれったい気持ちになるフェーズですが、この「客体化」に向き合っておかないと、あとあと躓いてしまうことになるので、ここは肝を据えてじっくり取り組んでもらうように促します。

次回は「第二の壁:体系化」について解説します。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK