サイトへ戻る

冊子型教材を格上げする5つのステップ③

その3:オフィシャル感を演出する

· コラム

■本日のテーマ

テキスト・レジュメ・ワークブック...etc.
冊子型教材を格上げする5つのステップ

〜その3「オフィシャル感を演出する」〜

教材コンサルタントの矢澤典子です。

さて、先日から
「冊子型教材を格上げする5つのステップ」
と題して、
冊子型教材を「手っ取り早く」格上げするための
ポイントをご紹介しています。

今日はステップ3
「オフィシャル感を演出する」
についてお話します。
 

冊子型教材を格上げする5つのステップ

1)ぱっと見の印象を整える
2)機能性を上げる
3)オフィシャル感を演出する ←★本日はココ★
4)講座の信頼を担保する
5)洗練感を増す

「オフィシャル感を演出する」
その狙いは2つあります。

1つ目は…
受講生に教材を「大切なもの」として
認識してもらい、学習に役立ててもらうこと。
2つ目は…
教材を講座や講師の
ブランディングツールとして活用すること。
・・・
まずは皆さんが使っている教材
(冊子型教材)を思い浮かべてみましょう。
レジュメ、テキスト、
ワークブック、ワークシート…
なんでも結構です。
その教材を受講生に配布したとき、
どんな反応があるでしょうか。
…おそらくこれといった反応は
見られないはず。笑
ですが、ここで目指したいのは、
受講生の心の中に生まれる
こういう反応です。↓
「きちんとしてる講座だな」
「大事に作られた教材なんだな」
「大切に扱うべきものなんだな」
「やる気になるな」
「この講座に申し込んでよかったな」
「誰かに見せたいな」
こんな認識とともに
受講生に教材を受け取ってもらうことで、
受講生の学習に対するモチベーションや
講座へのコミットメント意識、
さらには口コミ発生率も
一気に高まるものです。
そのポイントになるのが
「オフィシャル感の演出」。
*オフィシャルとは
[形動]公式のものであるさま。
公認であるさま。公的。
(小学館・デジタル大辞泉)
…といくつかの意味がありますが、
ここでは「公式」が近いでしょうか。
他の誰かではなく、
紛れもなく「あなたの講座