サイトへ戻る

「レシート整理のストレス」から学ぶ教材作成のヒント

 

 

· コラム

今年も確定申告の締め切りが迫ってきています。

皆さんはもうお済ませでしょうか?

今日はその確定申告の準備時に感じる「イライラ」の話をさせてください。

残念ながらそのストレスを解消するための話ではないのですが、そこから見えてくる「テキストや教材作成に役立つヒント」をご紹介したいと思います。

こんな経験ありませんか?

確定申告の準備の1つに「経費の集計」があります。

1年間にかかった経費を科目ごとにまとめる作業です。

経費を日々こまめに記入&管理している人もいる一方で、「1ヶ月分」とか「1年分」のレシートや領収書をまとめて集計しようとする人も多いのではないでしょうか。

私自身も個人事業主として働き始めた頃は「同じような作業はまとめてやったほうが効率が良い!」と思い、1年分のレシートを溜め込み、確定申告の期限ギリギリになって一気にエクセル入力をしていた…という経験があります。

ところがこの作業、ものすごく大変でイライラするのです。

おまけに目がびっくりするくらい疲れます。

1枚のレシートから

・いつ

・どこで

・何を買ったか

の情報を拾って、エクセルや管理ソフトに入力していく。

ただそれだけの作業なのに、この作業を何十枚と重ねると「キー!」と発狂しそうになる感じです。

皆さんにもそんな経験、ありませんか?

レシート集計のストレスはどこから来るのか?

単純に「平坦な入力作業は飽きる、疲れる」という要素はあると思います。

が、教材コンサルタントとしての私の見解はこうです。

レシートによって

買った「日付」「店名」「品名」の記載場所が

バラバラだから!

例えばこんな感じです。

「日付」を探したい。

けれど、その情報は、

Aのレシートには「左上」に書いてあるのに

Bのレシートには同じ場所にない。

「どこだ?」と目は目的の情報を必死に探す。

すると、「下の方」に書いてあったり、

中には「中段」に書いてあるものもあったり…

この作業、実は私たちが思っている以上に視力と集中力を酷使して浪費しています。

だから疲れるのです。

これがストレスの大元。

・・・

 

さて、本題です。

これとまったく同じことが「教材」でも起こっています。

例)

  • 第1章と第2章の構成が違う
  • ページ毎のレイアウトがバラバラ

もちろんそこに明確な意図があるなら良いのですが、そうではなさそうなテキストや教材をよく目にします。

すると、受講生には経費集計と同様のストレスがかかり、せっかくの学習意欲が簡単に削がれる要因になってしまうのです。

これは想像以上の由々しき課題です。