サイトへ戻る

【Q&A】講座のコース名の付け方にコツはありますか?

· 公開Q&A

Question:

今、新しい講座を企画中です。プレコースと本コースをの2つを予定しているのですが、コース名の付け方に(覚えてもらいやすいとかわかってもらいやすいとか)工夫できることはありますか?

(質問者:Kさん)

Answer:

まず、この質問にある「コース名」について。「講座名=コース名」という捉え方もありますが、ここでは、「ある1つの講座シリーズ内における種別の名前」を指すものとして回答します。

講座名については、マーケティングやブランディングの視点を取り入れて、講座のゴールやコンセプトをベースに考えることが多いと思います。

そのうえで「コース名」ですが、お客様にきちんと伝わり、受講を検討してもらえるようにするための工夫としては、以下の視点を意識すると良いです。

講座シリーズの「全体」に対して、「各コースの位置付け・役割」がわかる文言を入れる

仮にお客様に対して、ある1つのコース名(例:「○○講座 入門コース」)を示したとき、「なるほど、これが最初のコースなんだな。ということは他にも上のコースがあるんだろうな」と想像してもらえるのが理想です。

例)

▼レベルが複数ある場合

  • プレ:○○講座【入門コース】
  • 本編:○○講座【初級コース】【中級コース】【上級コース】 など

▼受ける順番が決まっている場合

  • プレ:○○講座【ステップ0(ゼロ)】
  • 本編:○○講座【ステップ1、2、3】 など

▼順番は決まっていないので好きなものからどうぞ、という場合

  • プレ:○○講座【導入編】や【プレコース】
  • 本編:○○講座【モジュールA、B、C】や【クラスA、B、C】 など

▼学ぶ目的やジャンルによってコースが分かれている場合

  • プレ:○○講座【基礎編】
  • 本編:○○講座【設計編】【制作編】【運用編】 など

いかがでしょう?

このようなコース名にすると、1つのコースだけでなく、その前後や周辺にあるであろうコースや、講座シリーズ全体の仕組みや構成にまで想像が及ぶことがわかると思います。

結果、「そのコース」という点ではなく「その講座シリーズ全体」という面でのイメージが浮かぶので、【全体としての価値】が伝わりやすくなります。

ぜひ参考にしてみてください!

回答者:矢澤典子

\ 教材戦略ラボでは、教材や講座にまつわるギモンや悩み・質問を募集しています!/

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK