サイトへ戻る

冊子型教材を格上げする5つのステップ①

その1:ぱっと見の印象を整える

· コラム

■本日のテーマ

テキスト・レジュメ・ワークブック...etc.

冊子型教材を格上げする5つのステップ

~その1「ぱっと見の印象を整える」~

毎年この時期に増える

自分で作ったテキストを【手っ取り早く】
ブラッシュアップする方法を知りたい!

というリクエストにお応えして、
主に私の書籍編集者としての経験を元に
まとめてみました。
今日から5回に分けてお届けします。

ちなみに、ここで扱う「冊子型教材」には
・テキスト
・ワークブック
・レジュメ
・研修資料
など、様々な呼び方・目的のものがありますが、
ここでは「紙」と「活字」で構成される
配布ツールのこと「冊子型教材」とします。
(PDFやe-bookなども含めて結構です)
ではさっそくまいりましょう。

冊子型教材を格上げする5つのステップ

1)ぱっと見の印象を整える
2)機能性を上げる
3)オフィシャル感を演出する
4)講座の信頼を担保する
5)洗練感を増す

今日はステップ1
『ぱっと見の印象を整える』について。

その目的は、
受講生がその教材を手にしたときの
・とっつきにくさ
・見にくさ
・読みづらさ