サイトへ戻る

教材ならではの見出しのつけ方ってありますか?

· 公開Q&A

Question:

教材ならではの見出しのつけ方ってありますか? パンフレットやチラシなどの販促ツールではなく、学びや教材における「見出し・タイトルのつけ方・ポイント」みたいなのがあれば教えてください。

(質問者:Kさん)

Answer:

ご質問ありがとうございます。

以前、「教材作りに必要なのはロジカルライティング」というコラムでも記載したのですが、まずは、教材作りで使うライティングスキルと、セールスやプロモーションで使うライティングスキルは別物である… ということをお伝えしておきたいと思います。

大まかに言うと

  • 教材作りには・・・ロジカルライティング
  • セールスやプロモーションには・・・エモーショナルライティング
を使います。
このように、教材(テキスト・ワークブック・マニュアル等)を作るにあたっては、それにふさわしい「型」や「思考」があります。
今回ご質問の「見出しやタイトル」についても同様で、教材作りにおける「見出し・タイトルのつけ方」のポイントはこれです。

見出しやタイトルを見ただけで、学習者が

  • その内容が具体的に想像できるものであること
  • 何をすれば良いかがわかるものであること

この視点で考えると、以下のような「型」が検討できます。

教材の見出し・タイトルの4つの型

1. 「~~は**である」(要点集約型)

→例:「教材設計をするときは3つの目線で考える」

2. 「~~を**する」(アクション提示型)

例:「オリジナルテンプレートを作ってみよう」

  「教材の定義を理解しよう」

3. 「~~を**する方法」(手段訴求型)

例:「テキストの読みづらさを解消する方法」

4.「なぜ~~は**なのか?」(理由解説型)

例:「なぜテキスト作りにPPTを使うのか?」

「1:要点集約型」と「2:アクション提示型」は極めて教材的です。

「3:手段訴求型」と「4:理由解説型」はエモーショナルライティングにも見られる型ですが、論点が明確になるので教材でも使うことが多いです。

 

なお、このタイトルや見出しの「型」は、できるだけ1冊・1章などを通して統一できると、受講生側に「学ぶリズム」が作られるため、より学習しやすいものになります。

ぜひ参考にしてみてください!

回答者:矢澤 典子

\ 教材戦略ラボでは、教材や講座にまつわるギモンや悩み・質問を募集しています!/

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK